営業で訪問した先の黒髪の若妻さんは、なぜか俺を気に入ってくれて簡単にやれました2

俺は奥さんのイキ顔を眺めたあとまだイってなかったのでちょっと腰を動かした。 するとさっきまでの締りが嘘のように緩んでいた。 しかもイッた直後に大量の愛液が溢れて、彼女の膣内どころか下のシーツまで染みがつくほど垂れているせ