鍵屋の仕事は色々な意味で大変!

(読完時間:約1218文字で推定 3分2秒14 views

大地さんから投稿頂いた「鍵屋の仕事は色々な意味で大変!」。

俺は25歳で鍵屋で仕事をしてます。
高校卒業からなので、約7年目になります。
鍵屋は主に鍵の合鍵を作る仕事から、開かなくなった家等の鍵を開ける事も多々ございます。
このテクニックは犯罪に利用されるので明かせませんが、俺が体験したのはつい最近の話で先月2月のお話です。

とあるお客様から、早急に開けて貰いたい部屋があると言われました。
場所はアパートの2階で、結構綺麗なアパートでした。
そこで、待っていたのはやくざ風の男性で「この部屋を今すぐ開けて貰いたい」という事でした。
中からは何か聞き取れない物音が聞こえています。
俺は咄嗟に開きました。

すると、扉の一直線上のリビングに裸で男と抱き合っている女の光景が目に飛び込んで来ました。
まさか、扉が開くとは思わなかったのか二人はキョトンとした顔で俺とやくざさんを見ています。

やくざさんは部屋に飛び込み、抱き合っている男に「俺の彼女に何さらしとんねん!」っと大きな罵声を浴びせマウントポジションから殴り続けていました。
俺はその光景に呆然と立ちすくしていました。
すると、男は隙を付いてサッサと逃げていきました。

今度は彼女に怒っているやくざさんは「お前、あいつは誰なんや?俺に黙って変な男と寝やがって!」と怒り狂っています。

「違うわ!誤解よ!」と言っていた女もどんどん追い詰められて行きました。
やくざさんは完全に浮気と見抜き、自分も全裸になってその女のおっぱいを鷲掴みにして「今日は徹底的に犯してやるからな!」と女に向かって罵声を浴びせています。

俺はその光景に完全に固まっていました。
部屋を開けたまま、パンパンパンと激しい音が聞こえて、やくざさんが女を犯しています。
「ダメ!子宮が壊れちゃう~!」と大声で叫ぶ声も丸聞こえです。

「おいおい、皆に丸聞こえやで!」とやくざさんは激しくまんこに打ち突きを繰り返しています。
おっぱいも千切れんばかりにブルンブルンと揺れまくっています。
「おい、兄ちゃん!鍵のお礼にお前も参加せぇや!」と言われました。
俺は声も出ずに、ただただ頷きながら歩み寄っていました。

激しく揺れるおっぱい目掛けて近づいて行きます。
女は20代前半で張りのあるおっぱいをしていました。
モミモミしていると、どんどんちんこが勃起してきます。

目の前ではやくざさんのちんこがまんこ兄ちゃん入ったり、出たりを繰り返しています。
ぐちゅぐちゅと卑猥な音が響きます。
俺はひたすらおっぱいを揉みしだいていました。

やくざさんもイキ果てて女もイキ果てていました。

俺は静かに部屋を出て、始めに頂いていたお金をしっかり握りしめて帰りました。

しかし、凄い体験でした。
もう一回来ないかな・・笑笑