私が寝取られ性癖を理解できない理由です

(読完時間:約2428文字で推定 6分4秒1 views
私は39歳の既婚男性、妻は34歳、結婚12年です。
私は、愛する奥さんと元彼の性行為を想像して興奮できる方の心理が理解できません。
愛する奥さんを自分以外の男性に抱かせて興奮する方の心理は、もっと理解できません。
私は大学生の時は、エッチさせてくれそうな女性なら、生理的にダメじゃなければ誰とでもしていました。
年上のお局OL、パート主婦、絶対モテなさそうな女子高生や女子大生・・・。
贅沢は言いませんでした。
結婚などは考えていませんから、時には不誠実な対応をしたこともあります。

そんな私は、就職をしてすぐに同期の美人でお色気のある大卒女性と付き合いました。
私と性交渉して、「アアーン、アアーン」と喘ぐ彼女の淫らさを見て、ふと思いました。

社会人になって付き合うということは、その先に結婚を見据えることになる・・・。
このまま彼女と付き合って結婚したら、どこの誰とも知れぬ男から教えられた淫らな姿を毎晩見て暮らすことに・・・。

私は彼女を愛していたと思いますし、外見は申し分ない美人です。
でも、彼女の初体験や過去の男性遍歴を想ってしまうと切なくなるのです。

もちろん彼女は、元彼のことが好きだったから肉体関係を持ったのでしょう。
しかし、美人の彼女が裸になって、彼女の意思で、普段ではあり得ない大股開きの格好で、女性器を丸出しにして元彼の男性器を受け入れ、乳房を揺らしながら元彼の精液を体中に掛けられたか、時には女性器の中に注がれたかもしれません。
それは彼女を愛する私にとって、かなりの屈辱を伴う過去なのです。
私が愛し、私を愛してくれる彼女が、元彼の手や口で凌辱され、男性器と精液で蹂躙されたのです。
それが1人や2人ではないかもしれないと思うと、一層やりきれない思いになりました。
今後、結婚して妻となった彼女の裸を、女性器を見るたびに、穢れているように感じることが予想できました。
彼女と結婚したときの性生活を想像したら、そこには自分以外の男の男性器を咥えた妻の唇や、自分以外の男性器で突かれた妻の女性器には間接キスができない自分がいました。

私は、処女でない彼女に正直な気持ちを打ち明けました。

「そんなこと・・・付き合う前に気付いてよ・・・」

泣かれてしまいましたが、彼女は理解してくれて、別れました。

一生を共に歩く結婚相手が唯一の女性なら、私にはその女性の全て、つまり現在や未来だけでなく過去(処女であること)までもを所有したいと思っている自分に気付きました。
他人の食べ残しは食べたくありません。
私以外の男性器が挿入された女性器は嫌悪感があってにクンニできなくなりました。
非処女であっても人間としてはリスペクトはできるのですが、女としての魅力を感じなくなっていました。

処女だった妻は、私が就職2年目の時に高卒で入社してきた女の子です。
地元から出たことがない田舎の純情少女。
可愛いけど垢抜けない地味な外見ですが、素直で心優しい女性です。
非処女を理由に別れた前の彼女の方が外見は洗練されて綺麗で色気もありますが、もう私の価値観はそういう問題ではなくなっていました。

地味で目立たなかったですが、着飾る術を知らないだけで素材は良さそうな妻は、まだ未成年ということもあり飲みに誘われることもなく、私の申し出をいとも容易く受け入れました。
初デートは6月下旬、すぐに口説くようなことをせず、「大切にするから、俺を受け入れられる決心がついたら教えて欲しい」みたいなことを言った記憶があります。

大事に付き合うこと半年、クリスマスに初めて唇を重ね、その3ヶ月後、妻が私の男性器を受け入れる決心を伝えてきました。
セクシーなボリュームがあった別れた彼女と違って、繊細でほっそりした体を大切に愛撫し、誰も受け入れていない女性器をクンニで濡らして、フェラを強要せずコンドームをして入れました。
破瓜の瞬間、恋人を射精させるために健気に耐えた19歳の妻を今でも忘れません。

性交渉は愛情の確認という認識だった妻も、少しずつ性器の結合による快感に目覚めていきました。
妻の足を開かせて、親指で淫核をこねながら中指を挿入して溢れる愛液をクチュクチュさせて、「イヤらしいおツユが出てるね・・・」などと言うと羞恥でさらに濡らす妻は、恥ずかしがりながらも性行為を楽しもうという心が芽生えていきました。

結婚して、1年間はたっぷりと毎日淫乱な快感を楽しみました。
2年目は子作りということで、連日膣内射精をしていたら、初めて妻がイキました。
結婚して12年、今は出会った頃よりも妻を愛してます。
妻を一生涯大切にします。

もし妻が非処女だったら、自分以外の男性器がねじ込まれた妻の女性器を思い描いて苦しんだでしょう。
自分以外の男に組み敷かれて股を拡げて淫らな姿を晒して、男を喜ばせた妻を想像して悩んだでしょう。

ちなみに別れた彼女は私より1年早く、別の同期の男と結婚しました。
彼は、私と彼女が半年間恋仲だったことを知っていても彼女を選びました。
そして周囲は、色気ムンムンの美人をモノにしたと彼を羨ましがり、彼も自慢気で、一方私は、美人の同期からフラれた男と思われています。

このように、中には妻が他の男に抱かれたことが気にならない方も多数いらっしゃいますから、モテモテの美人さんはたくさんの男性を楽しめた上で、気に入った男性へ嫁げるのです。
地味で垢抜けない田舎娘は、私のような配偶者の条件として処女性を求め、生涯愛し続けたいと願う貞操感重視の男に若くして嫁ぐのかも知れません。

『過去があるから今がある。彼女の過去もひっくるめて愛せばよい』

そんな言葉は私に言わせれば言い訳です。
そう言わないと浮かばれない女性が言うだけです。

こんな私の考えに共感できなかったり、反論があったりすることも理解できます。
また、奥様が自分以外の男に抱かれたことを思って興奮する方がいることも否定するつもりはありません。
でも、どうしてそのような心理になれるのか、私には理解できないのです。