早熟な妹に手コキで初射精させられた結果…

(読完時間:約1130文字で推定 2分49秒0 views

僕は高1で妹は中2ですが、この前両親が留守で家で二人っきりでビデオを見ていたらけっこうHなシーンがあって、一瞬二人とも沈黙して見ていました。

妹が「お兄ちゃんあんな事したことある?」、と聞いてきました。

そう、今では早熟の妹から晩熟の兄として復讐を受けているみたいです。
僕はクラスでも背の低い方で、まだ皆ほどあまり性に関する興味も強くはありませんでした。

「クラスの男子だって中2でもうみんな生えているよ」
「おちんちんこんなに小さくって精子でんのかな?」
と兄である僕を蔑むように言いながら僕のおちんちんを手で弄んでいました。

僕は屈辱的で恥ずかしくもありましたが妹の親指と人差し指でゆっくりとおちんちんを剥いたり戻したりされる初めての快感に酔いながら
「なんでそんなこと(上下に動かすやり方)知ってんだよ」、と話題をそらせました。

「クラスの男子で放課後にみんなの前でパンツ脱がされて精子出させられてる奴がいて、女子なんかも一緒に出す瞬間みていたよ」、とおしえてくれました。

実は僕も中3の修学旅行のとき女子のいる部屋のなかで数人に押さえ付けられてパンツをづり下りされ、そのときは小さく縮こまったおちんちんを見られて超恥ずかしい思いをさせられたんだけど、妹は同じ中学なのでそれを知っていて言っているのかと思い更に恥ずかしくなってしまいました。

「でも、本当にこれって小さいよね。こんなんじゃ本番のHなんかできないじゃん」
「おまえはそんなことしたことあんのかよ」
「あったりまえじゃん。チビチンのくせに偉そうなこと言うんじゃねえよ」
更に
「気持ちいいんだったら”気持ちいいです”って言えよ」、と言われ屈辱的でしたが言う通りにしました。

妹は定規を取り出すと、それを僕のおちんちんの根元に充てると
「はい、8センチ5ミリ。超短小ー」、と言って笑い転げていました。

僕は羞恥心プラス屈辱感と快感の狭間にいましたが初めての体験に快感が優先し妹に命じられるままに
「あ〜ん、さとしのおちんちん気持ちいいわ〜」などと女のような色っぽい声を出していました。

すると突然に下半身に突き上げるようなものを感じ、急激な尿意みたいなものをもよおし、
「あ〜、おしっこ。だめ〜 でちゃう」、と言った後一瞬だと思うけど意識がうすれ、そのなかで「ああ、おしっこ漏らしちゃった」という思いがしました。

気がつくと、妹は手にべっとりと白いネバネバをつけて
「超おっそい、精通現象おっめでとー」、といって鼻で笑っていました。

そのせいなんだと思いますけど次の週におちんちんの周りにうすーい産毛みたいのがふわーっと生えてきました。
これがチンゲの素だと思います。

何とか夏休みの臨海学校の前には生えてきました。
すべては妹のおかげだと思っています。