新人ナースが高校生の僕のがまん汁にスイッチが入り、ヌイてくれた話。

(読完時間:約790文字で推定 1分58秒15 views

きんたまイチローさんから投稿頂いた「新人ナースが高校生の僕のがまん汁にスイッチが入り、ヌイてくれた話。」。

俺が高1の時の事。めちゃくちゃキンタマが痛くなった時期があり、いよいよ寝られなくなり病院に行った。
その日は患者が多くてドタバタしていたが、僕が呼ばれて泌尿器科の診察室に入ると、綺麗な女医さんと篠田麻理子似の若い可愛いナースがいた。「座って」と促され、恥ずかしいのは顔に出さず一通り説明した。

女医さんは頷きながら真剣に聞いてくれた。ただ綺麗な女医さんが目の前でスカートで足を組んだ生足に少し勃起してしまった。「とりあえず触診します。寝て」と僕をベッドに寝かせてズボンを下ろした。

半勃ちの棒はスルーして、玉袋を触って、「ここ痛い?」と真面目に聞いてくれたので僕も真面目に答えた。自然と小さくなったが、女医さんが呼ばれて、「5分くらい待ってて」と診察室から出ていき、若いナースと2人きりになった。

下半身はタオルをかけたまま。後ろを向いて何かの準備をしてるナースのお尻に完全に勃起してしまった。それを見たナースはタオルをとると「これ、おさまりそう?」と聞く。僕は「無理そう。」と顔を真っ赤にしていると「大丈夫だよ」と素手にボディーソープをつけて、「内緒ね」と言って勃起したちんちんを激しく上下にしごいてくれた。「ここなら触っていいよ」と太ももの間に手を挟んでくれました。あの感触は今でも忘れません。

ちょっと指先を動かすとパンティーにあたり、「いやん。こら、そこはまだ早い!」って言われてドピュっとだしちゃいました。ナースがちゃんと手でガードしてくれてたので飛び散らず、濡れタオルで綺麗に拭いてくれて、やっと治まりました。ほんの数分くらいでもヤバかったです。

そのあと女医さんが戻ってきて診察が再開して、痛み止めで様子見って感じでしたが、一週間くらいで痛みはなくなりました。いい思い出です。