失踪した彼女の名前で郵便物が届いた結果…

(読完時間:約550文字で推定 1分22秒3 views

数年前の話になる。
当時、職場で出会った年下のMという女性と付き合っていたんだが、このMがなんていうか年齢よりもずいぶんと幼く見える人だった。
お酒を買うときに年齢認証されることも多く、そのたびに俺に「もう、私大人なのにね」って頬を膨らませて怒ったりして、そういう子供っぽい仕草をすると笑ってしまうくらいに似合っていた。

「あぁっ、い、いやぁ……やめてよぉ……んっ」
いやいや、と弱弱しく首を振るMの陰部に、男のペニスがずるりとめり込む。
そのまま休む間もなく激しくピストンして、Mが泣き叫んで拒否したのもむなしく、中にたっぷりと出されてしまったらしい。

最後の最後まですりこむように男の腰が前後して、しばらくして男がカメラをとめるために立ち上がった。
最後は、Mが涙でぐしゃぐしゃの顔で、力なく開きっぱなしの足の間からとろりと血の混じった精液が垂れる様子がアップで映し出されていた。

怒りでどうにかなってしまいそうになりながら、ほかのフォルダも見てみる。
ひとつは、凌辱したあとに撮ったらしい、ぼろぼろのMの写真が数枚。

そしてもうひとつのフォルダにはテキストデータがあった。
「俺はMの元彼で、別れるつもりはなかったのに、Mはお前と関係を持った。Mは返してもらう」
と、それだけで、Mの居場所の手がかりは何もつかめそうになかった。