初々しい童貞処女の初体験談

(読完時間:約8872文字で推定 22分10秒3 views

やーさんさんから投稿頂いた「初々しい童貞処女の初体験談」。

とある大学生の夏休み。
僕は、大学一年生です。名前は恭弥(仮名)です。僕には、夏休みに入る前に、テスト勉強の教え合いで仲良くなって付き合いだした彼女の恵美(仮名)がいます。
僕たちはお互いに親密かと言われればそうでもないような初々しいカップルだったのです。友達から囃し立てられたり、からかわれたりするのがすごく嫌でした。当然、彼女も嫌だったそうです。なにせ、大学内で顔合わせるだけでも周りからヤイヤイ言われるのですから。

そんなこんなで、テストを乗り越えたわけで。夏休みに入った途端に学校に行くことがなくなり、お互いに会う回数が激減しました。僕は、「このままではそのまま別れてしまうのでは?」と思い込んで、速攻でデートに誘いました。
僕『明日デートに行かない?』
恵美『いいよ!どこに行く?』
僕『夏っぽいのがいいよね』
恵美『海はどうですか?』
僕『泊まりがいいねそしたら!』
恵美『泊まりにするの?』
ラインで話すのも辿々しく、あまり文章を作るのが上手くない2人。内容はどんな感じか忘れましたが、とりあえず夏なので海に行くことになりました。

そんなこんなでとんで、デートの日。
僕は、あることがしたくてたまりませんでした。…セックス…。
それだけのために来ていました。(男として最低だと思います。)
なにせ、そろそろハタチの童貞なんて周り見渡してもいない状況。早く捨ててしまいたい!この子とセックスしたい!そんな思いできてました。はい。
恵美『じゃ、海に行こうか!』
と、僕を引っ張る手。童貞真っ盛りな俺は、それだけでも半勃起。情けない。
僕『今日は旅館に泊まるんだから、あんまりはしゃぎすぎるとすぐに寝ちゃうぞ!』
この時点で夜に何かしようとしてるのバレバレ。
恵美『ここまで来てじっとしてられないよ!早く来てよ恭弥!』
活発な女の子で、人に馴れ馴れしい。そんな恵美の人懐っこさに惚れたわけで。

僕『しゃね!少し泳ぐかね』
あまり体力を使い過ぎずに、温存しながら彼女と水掛け合いっこ、砂遊びやらたのしみました。
すると、不意に彼女が僕の腕にぴょこっとくっついて来ました。
恵美『恭弥、楽しいね』
と、上目遣いの彼女。
僕『そ、そうだね…』
童貞野郎はここでいい切り返しができずにいました。
…おっぱい柔らかい…
その情報しか入って来ませんでした。
恵美『恭弥はさ、なんで私と付き合ったりしたの?』
僕『そりゃ、僕が君のことが好きだからだよ。だから、テストの終わった日に告白したんだろ』
恵美『そんなことじゃないよ。なんで私を選んだの?』
なぜか目が悲しげな様子。なにか悪いことでもしただろうか。僕は、不機嫌な様子の彼女の機嫌をとるために切り返す。

僕『僕は、君がここにしかいない1人の女の子だったからだよ』
↑意味不明なこと言った気がします。
恵美『ふーん、ちょっと意味わかんないけどいいや。』
僕『…。』
だめだ、やらかした、言い切り返しが思いつかない。
結局、僕たちはそこからあまり会話が弾むことなく旅館へ。
…一体どうしてしまったのだろう。恵美はすごく悲しげだった。何か悪いことでもしたか?
延々と考えていても仕方がない。
今日は二度とない絶好の仲良くなる機会だ!全力でぶつかるぞ!
そんな甘い考えのまま、きたる夕食時。
彼女は未だに膨れたままだった。
かに、ステーキ、刺身と豪華に並んだ食事の前で、僕たちはもう一切話すことなく黙々と箸を鳴らす。

しびれを切らした僕は
僕『どうしたんだよ、なんでそんな怒ってんだよ。』
少し怒り気味で言いました。
彼女はギョッとした顔になり、
恵美『なんで、初デートが旅館なの?』
と言われました。
えっ、、、
僕は言葉を失いました。
たしかに、付き合ってまだ1ヶ月もたたない状況の中、いきなりお泊まりは早いかなとも思った。しかし、ほかの友達は付き合って2日でセックスしてるし、そんな悪いことではないけど…。
僕『だって、恵美とずっと一緒に居たいと思ったからだよ?』
恵美『私は海に行こうって言ったのに、旅館の近い場所探すって…。なんでお泊まり前提なの?』
僕『そ、それは…』
セックスがしたいから。理由なんて他にない。

僕は、セックスがしたいがためにここに来たのか?
いまさらその考えしかなかったことに気づき、心の底からハッとした。
すると、彼女はいきなりポロポロと泣き出した。
僕『えっ、どうしたんだよ?』
僕は、思わず側に駆け寄る。
涙を流しながら、彼女は僕の方に駆け寄った。
恵美『私とエッチしたいだけじゃないの?』
服をぎゅっと掴んだ。引っ張られた。

僕の心がギュッと締め付けられた。

…僕はバカだったのかもしれない。

恵美『ごめんね、昔にも、付き合ったばっかりですぐに部屋に呼ばれて、入ってすぐにエッチを強要されたことがあってね。私、もしかしたら、やりたいだけで付き合ってるんじゃないかって思って。私、男の子が怖いの。また、すぐに体を差し出せって言われるんじゃないかって。』
言葉が出なかった。僕も、セックスするためにこの地に呼んだ。同罪だった。しかし、ソイツとは、ひとつだけ違うものがあった。
僕は、恵美のことを心から好きだ。
僕『僕も、同罪かもしれない。でもな、恵美。僕は恵美のことを心から愛してんだ。僕が欲しいのは、恵美の体じゃなくて、恵美の全部なんだぞ。だから、僕に恵美をください。』
僕が言える最大限の求愛表現だった。
恵美は、じっと僕を見つめていました。
ずっと。
そして、彼女はそっと目を閉じました。
僕は、初めて、彼女の唇に触れました。
熱く、厚く、そりゃもうアツく…
恵美『恭弥なら、任せられるかな。』
そういうと、フフッと笑って見せてくれました。その時が彼女が一番大切な物だと思った瞬間でした。

僕は、また、キスをしました。
そりゃもう、シットリと濃厚なキスを…。
体が急に熱くなるのを感じました。
女性と男性の唾液を交互に飲み合うことにより、エッチになるフェロモンが分泌されるようで。
僕たちはどんどん荒れていきました。
僕『お風呂に入らない?』
恵美『うん。』
なぜ、ここで風呂に入ったかは、自分でもよくわかりません。今思えば、僕の理想がそうだったんだと思います。
僕たちは、部屋に付いている、少し小さめの木でできた風呂に行きました。(ここだけの話、めっちゃ高いんですここの旅館!)
僕たちは少しずつ服を脱ぎました。
恵美『あっち向いててなきゃ脱がない。』
僕『おう、すまん。』
下着のワレメに少しだけ湿った跡が見えたのが最期、僕の砲台が天井を見上げた。

2人、恥部にタオルを当てて風呂場に入る。
夏なだけ、夜でも少し中より暑い。彼女の方を振り返ると、残念、おっぱいは右腕で隠していた。割と大きい。
俺たちは、少しだけお湯を体にかけた後にお互いに背を向けた状態で入った。
これがしたかった!夢だった。(アホですね。)
恵美『ねぇ、恭弥。私ね、恭弥のこと、今日まで正直好きかどうかわからなかったの。』
僕『えっ!まじすかそれ…』
恵美『でもね、キスした時に思ったの。私って恭弥のこと大好きなんだなって。私、恭弥なら、良い。』
僕『うん。』
風呂の中で、お湯以外の温もりがあった。それが彼女の左手なのか、はたまた心の温もりなのか。
恵美『あがろっか。私、のぼせちゃいそうだよ。』
また、恥部にタオルを当ててささっと出て行く。

僕はわざと遅めに出ました。
こんなフル勃起だと、隠しきれませんよね。
さ、戻ると、飯は全部片付けてあった。
え!食事は?!
いつのまにか消えた食事。
あとで聴くと、旅館の方が気を利かせて片付けてくれたんだと。どうやって…
まあ、それは余談。
彼女は、新しい浴衣を着て待っていた。
なんと、美しきことか。
おっぱいがちらっと出てる感じがまた…。
恵美『続き、しよう?』
恵美がびっくりするくらい積極的になっていた。
僕『うん。』
僕は、恵美に近づいて、側に座った。
彼女は目をつぶってこちらに体をよこした。
二度目のディープキス。初々しくも、そこがまたエロくもありました。

恵美『もっと、ちょうだい。』
彼女は唾液をべちょべちょと濡らしながら僕に愛をせがんだ。
僕も負けじと唾液を送り込んだ。
お互いに息を忘れるほどの長いキス。
僕は、耐えきれなくなり、空いた右手で、恵美の左乳を揉んだ
恵美『あんっ』
初めての恵美の喘ぎに興奮した。
柔らかくも、右手中央部に感じる小さな突起により、さらに股間が熱くなる。
乳首は、これでもかと張っていた。
僕がその乳首を軽くひねると彼女は息が荒くなる。
僕は、彼女をすでに引いてあった布団の上に押し倒す。その刹那、お互いの口と口の間から唾液の糸が伸びた。エロすぎ!
恵美『恭弥…大好きです。』
彼女はそういうと、両手で顔を隠した。
彼女も、もうわけわかってない。
俺も興奮状態でなにもかも理解してない。

僕『恵美…。』
僕は、そのまま、恵美のマンコに手を伸ばした。
クリトリスに触れた瞬間、
恵美『あんっ!』
と、飛び跳ねた。
恵美は、クリが特に弱いらしい。
僕は、ニヤッと笑うとクリを責め始めた。
恵美は喘ぐことを呼吸のように行う。
恵美『恭弥…恭弥…!』
恵美は可愛い表情で僕を見つめる。
僕『気持ちいい?』
恵美『う…うん…きゃっ!』
べちょべちょになったまま、恵美はどうやらイッたようだった。

恵美は、ブルブルと震えたまま、上の空になった。
僕は、そのまま間髪入れずに、恵美にキスをした。
もうすでにベットの上は体液まみれ。お互いの体もいろんな体液が付いていた。
恵美『恭弥…中に入れていいよ…?』
僕『恵美って初めてなんだろ?いいのかい僕で』
恵美『恭弥じゃなきゃ嫌だよ。恭弥が良い。』
童貞だった俺は、もうどうしようもなかった。
ゴムをつけて、僕は恵美にあてがった。
すでにべちょべちょになったマンコはいい具合に湿っていた。
僕『入れるよ。』
恵美『うん。』
僕のチンコが恵美の中に飲まれて行く。
恵美「い…っ。』
少し痛がっていたが、間を開けながらの方が辛いことは知っていたので、わざと一発で貫いた。

僕のチンコを全部咥えきった。
以外にも、血は出ない。
僕『全部入ったよ』
恵美『本当に?よかった。本当に…ありがとう。』
涙目になった恵美はなぜか僕に感謝した。
僕『僕もありがとう。1つになれてよかった。』
恵美『本当に…嬉しくて…ごめんね…』
恵美は僕の左手を握った。僕は優しく指を絡ませる。
僕は『動くね。』
少しずつ腰を動かす。
恵美は少しだけ苦痛に耐えるような仕草を見せると、止めた。

恵美『もっと、激しく…お願い…』
僕『ダメだよ、恵美が痛そうだ。』
恵美『私はいいの。だって、恭弥が気持ちよくないでしょう?』
こんな時まで優しくする必要なんてないのに。
僕『僕は、恵美と一緒に気持ちよくなりたいんだよ。ずっと付き合うから、ね?』
恵美『うん…。好き。』
僕たちは、それから数分おきに何回か腰を動かしては止めてを繰り返した。すると、恵美はだんだん苦痛の顔からエッチな顔へと変わっていった。
恵美『恭弥…キス…してぇ…』
恵美は、なんやかんやでドスケベだった。
僕は腰を振りながら、恵美の唇にキス。恵美の舌使いがめっちゃくちゃエロくて、僕すら付いていけなかったイメージがある。

そんなこともあり、だんだん限界に近づいてくる。
僕『そろそろ出そう…』
恵美『いい…よぉ…中に..だしてぇぇ。』
僕『ゴムつけてるから、中には出せないよ』
恵美『お願い…今日は大丈夫だからぁ…』
腰が速くなる。ぬちゃぬちゃと擦れる音が響く個室の中、喘ぎ声とともに二人は昇天した。
と、同時に恵美は絶頂の絶頂に達して黄色い体液を部屋中に噴射した。
まぎれもないオシッコだった。(言っていいのこんなことw)
めっちゃあったかいオシッコが俺の上半身にびっしりかかる。ちょっと甘辛いのを覚えて
る。
恵美『で、でちゃったぁぁ~…。』
僕『でちゃったね。』
恵美『や、あんま見ないでぇ。』
僕『ちょっとまってね。』
俺は、恵美のヒクヒクしてるマンコに舌を近づけて、クリトリスを舐めとった。

恵美『あん!えっ?』
僕は無言で彼女のピンク色のマンコを舐め舐めした。
恵美は、また喘ぎだす。
AVで学んだクンニ知識をフル稼動して、クリトリスと尿道を舐めまくる。
恵美がまた大声で喘ぎ始めると、彼女の大きな乳首をクリクリした。恵美は言葉にならない言葉で僕に語りかけるがもう聞こえない。
恵美は、次は透明な液体を僕の顔面めがけて大量に発射した。
僕は、それを見てすぐにマンコを見た。
そしてすぐにマンコを覆うように咥える。口の中に、恵美のエッチな液が流れ込む。
僕は、口いっぱいになったまま、飲み込んだ。(引かないでぇ)
恵美『大丈夫!?ごめんね、よくわかんないけど、私イッちゃったみたいで…』
僕『いいんだよ、恵美が気持ちよくなったんだもんね』
なぜこんなことをしたかというと、潮吹きは尿道からするのかと、潮の味を知りたかったからです。はい、それだけです。

潮は、ほぼ無味でした。余談ですがww
とりあえず、恵美とのセックスしたあとですが、もうあたりはお互いの体液だらけ。膣液やら、オシッコやら、唾液やらでもうめちゃくちゃで…。
僕『お風呂に行こうね。』
恵美『うん。ごめんなさい…』
恵美は僕の胸に頭をこすりつけた。可愛すぎて、また勃起してきた。
とりま、二人は体液まみれの浴衣を着たまま脱衣所へ。
ここだけの話、恵美のオシッコはかなりにおいがきつかった….
オシッコがかかった部分がだんだん痒くなってきたので、はやくお風呂に入りたかったんですよ、ごめんね恵美(°▽°)
そこで、恵美が1つ提案してきました。
恵美『今から私たちはお風呂に入ります。そこで、先にエッチな事をした方が罰ゲームね。それで、負けた方は勝った方の言うことを聞くってことにしない?』
まぁたよくわからんことを。
僕『別にいいけど、これってもはやエッチ以上に聞かせたいことなんてあるのかな?』
恵美『ふふーん、あるのかなぁ~??』
可愛いなぁ、てのも、なぜか鼻を高くする恵美は、きっと何か企んでるに違いない。

僕のビンビンになったレーダーが僕の脳に直接言いかけた。
すると、僕の目の前で、一瞬ですっぽんぽんになる恵美。
乳首も恥部を隠すお毛毛も全部丸出しで僕の前に立った。すると、恵美はどうだと言わんばかりに決めポーズを取る。
これはこれでエロいんだが、これは作戦だ。
俺も対抗すべく、一瞬ですっぽんぽんになった。そして、熱り勃つ僕のチンコを差し出すかのように恵美の方めがけて立つ。
恵美は、すると急に顔を赤らめた。
俺のチンコをジィ~~ッと見つめると、我に返ったように振り返って風呂場へ入って行った。
今思えば、全体のチンコを見られたのは初めてだったような。
ちょっと恥ずかしくなりながら、恵美の後を追う。
すると、恵美は何も言わずに洗面台の前に座っていた。無論、『恭弥のチンチン見ちゃった、きゃー』って顔をしてた。
可愛いやつだなと思い、イタズラしてやろうって気持ちになった。
僕『どうしたんだよ、恵美ってば僕のチンコ見て顔赤らめてんの?処女でもないのにはずかしがりやさんだなぁ~』
っていって両手でおっぱいをグリグリと揉んでやった。

と、恵美はニヤついて振り返る。
恵美『はい、罰ゲームだね!』
僕『え?』
完全に忘れてた。罠かこれは!
僕『いや、まてよ、先に全裸になったのはそっちだから、恵美の負けだよ!』
恵美『いや、物理的にエッチなことした方だから、恭弥の負けだよ!』
僕『うえぇー!ずるいよそれは!』
恵美『へへん!最初からこの勝負は私が勝つ予定だったんだよ!』
僕『このやろー!』
僕は掴んだままのおっぱいを上下左右にグリグリとした。
恵美はケラケラ笑いながら、甘んじておっぱいを差し出していた。
恵美『それでは、罰ゲームを発表します!』
僕『できることなら聞いてやるよ。』
恵美『あのね、これは恭弥が一番頑張らなきゃいけないことだよ。』
僕『ん?ドユコト?』
恵美がまた俯く。あの時の同じように。
恵美『あのね、来年もまた私とここに来て、甘いキスしてほしいの。』
胸にズギューンとなにかが刺さった。

恵美『だから、この想いがずっと続くようにっていう、私からの罰ゲームね。でも、これは私からは解除可能な魔法だから!ほかの魔法で上書きはできませーん!』
僕『お、おう…』
正直、恵美からそんなことを言われるとは思ってなかった。てか、魔法って…。可愛すぎて言葉にならなかったその時はww
恵美『ちょ、やめて、私もこれ言おうかどうか迷ったんだよ?恭弥さ、言葉がめっちゃ毎回臭いから、私もこれくらい臭い方がいいのかなぁって…なんかごめんね?』
僕『いや、来年も来よう!きっと今まで以上にたくさんキスしよう!だから、大丈夫!その魔法は引き受けた!』
恵美『ほんとに?ありがとう!』
僕『だから、今からもキスしよう?』
恵美『うん…これからもね…』
俺たちは、むきあって、再び濃厚なキスをした。唾液でびちゃびちゃと音を立てながら、僕たちはまた長い長いキスを繰り返す。
恵美のマンコからは女優もびっくりするくらい溢れかえる愛液が地面に垂れていた。僕はその愛液をすくってマンコに塗りたくり、指の腹で恵美をさすった。
喘ぐ恵美。

グチュグチュと音を立てながら、『早く、早く』と欲しがる膣。僕は恵美のわがままなマンコに吸われていくが如く、中指薬指がマンコに飲まれて行く。
恵美『気持ちいいよ、恭弥、好き、好きだよ』
吐息がかかる距離で舌を絡ませ合いながら左手は忙しい。
右手は恵美の首に巻きついて、顎に当てる。
僕の角度からは、膨れたおっぱいに突出した乳首と指にまとわりつく陰毛しか見えない。
が、しかし、しっかりと恵美の体は僕の左の指に食いついて離れない。
マンコの中は定期的に締め付けたり、押し出そうとしたりと忙しない。だが、結局は吸い込もうとする力が圧倒的に強い。そして、熱い。
僕の指が、Gスポットなる場所を探し当てるまではそう長くはかからなかった。
コリコリした子宮?膀胱?を強くさすると、恵美はよりいっそう強く喘ぐのだ。
恵美『あ!そこそこ!気持ちいいよ!』
僕『たぶん、Gスポットみつけたわ!』
恵美『そこ好き、好き、あああ!』
僕は書き出すようにマンコの中を撫でしごく。ドロドロにとろけるマンコは激しさを増すごとにより立体的に指を吸い込もうとする。

恵美は無意識に指を欲しているのだ。
恵美『ああああ!だめぇぇ!なにかでるぅぅ!ああああああ!イクイクイクぅ!』
びしゃぁぁぁぁ!
恵美はものすごい勢いで天井に向けて潮を噴いた。
びっくりすることに、その潮はお湯の溜まった風呂釜まで届いたのだ!
AV顔負けでしょwwwwww
うんこ座りをしていた恵美はその場に倒れ込みビクビクっと痙攣していた。
僕は無意識に正常位の体勢から自分の体の方に恵美を持ってきて、持ち上げた恵美を思いきりクンニしてやった。
恵美「いやぁぁぁぁぁぁ!』
その続きのようにまたも潮を吹く。
その潮を顔面すべてで受け止める。
恵美のオシッコかけられてから、そういう性癖ができたみたいです。
(書きながら思ったけど、僕って超絶ど変態ですね)
全てなめとると、僕の顔の前には、ヒクヒク痙攣するマンコと、めっちゃ可愛いアナルがありました。

恵美『いやぁん、あんまり見ないでぇ』
その奥には、両手で顔を隠す恵美がいた。
僕『うお!すまん、つい夢中になってしまった』
恵美『恭弥って、スケベすぎるよね。でも、私もスケベだから、お互い様だね。』
フフッと笑う恵美。
僕『恵美。もっかいしよ?』
恵美『いいよ。今度は中に出して。お願い。私ね、一番最初に交わった人の…が欲しいの。今日は大丈夫だから。』
僕『わかった。僕も、恵美と一緒になりたい。好きだよ、恵美』
恵美『私も。大好き。』
少し体をお湯で洗い流した後、お互いのいろんなとこを同じタオルで拭いて、いざオシッコまみれの戦場へ。
僕『もう、離したりしない。』
恵美『えへっ、うん。』
僕は、風呂上がったばかりなのにすでに湿っている恵美の中へ僕を入れ込んで行く。

恵美『あああぁぁん』
恵美はもう痛みは感じなくなっているようだ。僕は、すぐに腰を振った。
クチュ、クチュ、といやらしい音が響く。
その都度恵美が喘ぐ。
恵美『私の魔法、効いてるかな?』
僕『うん、今でもずっと。』
何度も何度も、好きと好きを繰り返しては遠ざかっていく。
恵美の艶やかな肌は、愛液の跳ねた影響でぬらりとエロく照らし出す。びちゃびちゃと僕の股へと垂れていく。それほど、恵美は満たされていたのだろうか。
僕はそろそろ限界だった。
恵美『ああああ!やばいイクイクイク!』
恵美が、僕の背中の後ろに手を回して離さない。
恵美『お願い!私の中に出してぇぇ!』
僕『ヤバイ!出る!』
恵美『イクううぅぅぅ!』
ドビュビュビュー。
今まで出したことないほど、恵美の中に出した。恵美も痙攣しているので、イッたのだろう。

恵美『ありがとう。愛してる。』
僕『いつまでも愛してる、恵美。』
そして、また長い間キスをした。
僕達の愛の結晶が、ドクドクと流れ出している。
恵美はその流れ出た白い塊を自分の恥部からすくい上げて口の中に運んだ。
恵美『恭弥のって、すごく甘いね。』
この一言のせいで、いまだに僕は「ゴックン推奨派」です。
そんなこんなで、楽しかった旅行は終わり、そろそろ帰ることに。
恵美『楽しかったね。昨日の朝の憂いが嘘みたいだよ!』
僕『いや、最初はびっくりしたよ、何事かと思った。』
恵美『私も私なりに考えてるんだから、恭弥もちゃんと自分のこと考えてよね!」
僕『僕だけのためだけじゃなくて、これからは二人でのこと、だろ?(キラーン)』
恵美『うわぁ~臭い!』
僕『うわ!このやろ!昨日行ってたことみんなに言いつけてやるからな!』
恵美『うわ!それだけは二人だけの秘密だよおお!』

そんなこんなで、僕達、童貞処女の初体験談はこれにて終わり。
これからも僕達は初々しく、そしてエッチな日々を過ごしたいと思います。
え?魔法はどうしたって?
そりゃ、魔法は今でも解けないまま、心の奥にしまってありますよ。

~fin~