ネカフェで後輩ちゃんに強引にシゴかれて…

(読完時間:約829文字で推定 2分4秒1 views

俺が大学1年の頃、高校時代仲良かった1コ後輩の女の子と2人きりでネカフェに行きました。
個室つなげて一緒にDVD見てたら、途中でエロシーンに入り、やや勃ちになった俺のティンコを見て、その子は呆れたように笑って軽くティンコを叩いてきた。

「やめろってー」と照れ笑いしながら俺がティンコを押さえると、
女「精子出すの?」
俺「‥は?出さないけど」
女「出したいんじゃないのぉ?」笑
俺「全然。ちょっと勃ちかけただけだし」
女「ふーん、つまんね」

‥それから5分ほど観ていると、
女「ねぇ、しこってよ」
俺「え、なんでだよ」汗
女「見たいから」
俺「いやいや、勘弁して下さい」汗
女「見ーせーて」
俺「無理無理無理」
汗するとその子はティンコを握ってきた。

俺は一瞬ビクッとなり、彼女はそのままズボンの上からしごいてきたためティンコは一気に勃起してしまった。

俺「ちょっ、やめろよ」
女「うるさいって、気持ちイィくせに」

そう微笑みながら激しくしごいてくるので、最初は恥ずかしくて抵抗していたが、だんだん気持ち良くなってきて抵抗するのを止めていた。

女「ね、気持ちイィんでしょ?」と言われた瞬間、一気に射精感が込み上げてきた。
俺「やばい、イきそう」
女「早いし。笑」
女「どうする?出したい?」
俺「はい」

そう告げると彼女にズボンを脱がされ、仰向けに寝かされて彼女はその上にまたがり両手で激しくしごいてきた。

かなり力入れて握ってしごいてくるせいで一瞬にして射精しそうになり、
俺「やばいやばい、イクかもぉ」
女「イッちゃえ。」
次の瞬間彼女の手のなかに俺は射精しました。

フィニッシュ後の彼女は「ゎ〜‥」みたいな感じでしばらくティンコをゆっくりしごきながら、あふれ出たザーメンを眺めてたかな。

そして「出たときの顔超可愛いかったぁー」と笑いながら後処理をしてくれて、何回も「そんなに気持ち良かったのぉ?」って嬉しそうに聞いてきました。

帰宅してから「またエロい気分になっちゃったときは出してあげるかもよ〜♪」ってメールがきました。